“ペーパー”素材に注目。紙素材のオブジェやアートで空間を彩る

paper material

“紙”という、親しみのある素材が生み出すアートな空間をご提案。

 

紙とプリント模様をこよなく愛するマリー・ミッシェルセンが個性的なポットを紙粘土で作ることを思いついたのは素材のリサイクルへの取り組みから。ミッシェルセンは立体感を様々に解釈することによって、新しい視覚効果を生み出しました。彼女独自の手作り感はプリント模様だけでなくフォルムと色彩にも見て取れます。

Designed by Marie Michielssen一覧をみる>

 

「no frame」は気まぐれにいつでも変えられる紙製アートです。

アートひとつで空間の雰囲気がかわり、気分もかわります。ホームタイムが長い今だからこそ、もっと気軽で、手軽に気分転換ができる、そんな楽しみのひとつになれたらとの願いを込めて企画しました。

なんだがアートってむずかしそう、額買うの大変だなあ、どんなの選べばいいのかわからない、、という方にこそ気軽に取り入れてもらいたいアイテムです。

no frameってどんなもの?
https://note.com/livingtalk/n/n3dfabbd8d088

日常をポジティブに隠したいときや来客時のスイッチカバーにも。

no frameコレクション一覧をみる>

 

“ペーパー”素材に注目。紙素材のオブジェやアートで空間を彩る