UNKAI / ウンカイ

釉薬の流れが描く景色は、山並みに朝夕現れる雲海。丸みを帯びた器は、高台によって卓上から浮き上がり、雲海に通ずる非日常性を醸し出します。